たきびのかいの日々色々

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧




わたしはそれを選ばない

むかしの後輩とランチしに行きました。

昭和ーな民家を使ったステキなお店の2階、
お互い子ども連れで、
気のおけない間柄ならではの単刀直入な話題に花が咲き…

流れは、ふと子育ての話に。

そのEちゃん、わたしに
J子さん、保育園まではのびのび子育てしてもですね、
ゆくゆくはですね、
高校はU高校
(進学校)に入れよう…とか思ったりしますか?」
と、尋ねてきました。

わたし
「うーん…
それは、まったく思わんなぁ…」


Eちゃん
「そうですかー」

わたし
「うん。」

Eちゃん
「子どもの行きたい道に、進ませますか?」

わたし
「うん。」

そう答えながら、以前の自分が生きてきたルートをたどって、
色々な思いが巡り、それを打ち消したり、脳内で葛藤したりしながら、
やっぱり、自分の中にある確信に近い答えに、うなずいているわたしなのでした。


学歴。
○×高校、○×大学に行かせるために、
子どもを訓練することは、
わたし、やりたくない。


「鉄は熱いうちに打て」みたいな感じで、
早いうちから子どもに頑張らせる家庭もある。
音楽の天才やゴルフプロを産み出すこともあるその教育のやりかたを、
否定はしないけど
わたしはそれを選ばない。

もしも子どもが熱くて柔らかい鉄だとしたら、なおさら、
親の力でガチガチにデザインしたくない、と思ってしまう。

いま、手段とか方法論を身につけさせるより、
子どもの好奇心や熱意を育ててやりたい…。


子どもって、1日じゅう砂山を作ったり、
水を汲んで移しかえたり、
ぐるぐるぐるぐる同じところを飛んで回ってみたり、
大人から見たら無意味に見えることを一生懸命やっています。
f0209080_15535860.jpg
(↑ここ数週間、家の庭で泥水の「おしょうゆ作り」に励んでいる…)

でも、そんな中で砂や水の質感を敏感に捉え、
外の空気を胸いっぱい吸い込んで、
生きていくための糧みたいなものを蓄えていってる気がしてならない。

ぼーっと夢みてるような、今、今しかない子どもの時間を、
守ってやりたいなぁ…

「頭がいい」とか「頭がわるい」という他人の判断なんて、
大した問題じゃないとわたしは考えてる。

大事なのは、自分を賭けられる何かを見つけること。
そしてそれを貫くエネルギーを燃やし続ける力を得ること。
「学力」に惑わされず、人に序列をつけないで、相手の本当の姿と向き合うこと。

とっても難しいことだけど、
子どもたちを見守りながら、
わたし自身もそんな風に育っていきたいと、願っている。


んで番茶飲んで一服している土曜日の朝、なのでした。
ちゅうかわたし、家を片付けろよー!!←今日は中学校のときの部活友だちが遊びにくるのだ…
[PR]



by takibi-no-kai | 2011-02-26 15:53 | かんけいない話

わたしの趣味は「だんご虫」観察

先日のことです。

息子ちょうちゃん5歳が、一枚の白い紙と向き合っていました。
わたしはそれを、3mくらい離れたところから見ていましたが、
とにかく、全身全霊を込めて何かを描いているらしいことがわかって、
チラ見しながら、そうっとそうっと、放っておきました。


ワクワクする…


今のわたしが一番好きなこと、それは、
何かに一生懸命になってる自分の子どもらを、
ちょっと離れたところから眺めることなのです!

何をやっているのか、よくわからないけれど、何かに没頭してるらしい。
そんな姿は、何ちゅうんやろ、
本っ当にステキなものです。
だんご虫のように丸めた背中…


ちょうちゃん
「できた~!!」

わたし
「おおっ、何ができたん!?」

ちょうちゃん
「これは、プリキラで!」


あー、プリキュアの絵を描きよったんかぁー。


どれどれ…

し、しかし、これは…
f0209080_12525968.jpg


ムンクの叫び??


ムンクの叫びが、青い炎に包まれてる(●д●)


…いや、よく見ると、
首の飾りやら、ブローチ、手の表情まで丁寧に描き込んで…

真っ剣っ、頑張って、

心を込めて描いたんやなぁ…!!


よくよく見ると、プリキュアを囲む丸い枠やら、
しっかり捉えちょんやん。

これは、はっきり言って、

写実主義で!!


元の絵とどう見比べても、
プリキュアにしか見えんよ、母ちゃんには…
f0209080_12525927.jpg
母ちゃんにだけは…

そして、胸を張る息子ちょうちゃん。

その得意気な様子が、また良いんよなぁ…


と、
放っておくとエンドレスに親バカ状態なのですよ、わたし…(^皿^)

まいっか。茶でも飲んで、母ちゃん休憩しまーす(^。^;)
[PR]



by takibi-no-kai | 2011-02-21 12:52 | ちょうちゃん

不得意分野も良いものだ

はぁぁ、一日に何度か落ち着いてお茶を飲む時間ができた。
家事が山積、には変わりない。でも、
なんかちょっと、来る球が打てるバッターになった気分…

「How to本」の類が無性にイヤで、
ここ10年来、それを避けるようにしてやってきたけれど。
ビジネス誌と主婦、なんて関係ないようですが、
「まあいいやねーか(←弟Tスケの口グセ)っち思って、久方ぶりに買ってみました。
f0209080_1435289.jpg



「グズな人」っち、まさに、わたしのことやん!?

f0209080_14352825.jpg

この雑誌によると、わたしは「グズの最終形」なのだそうです。。

ようするに、
あらゆるグズの行き着く先で、
散々グズをしたのち一気に仕事を仕上げることに快感を感じている
どうしようもないグズ…
らしい(●д●)

ふと振り返ってみると、
わたし、たぶん小学3年生くらいから、
その「最終形」に行き着いてしまっていたのですよ。。
ちゅうことは…

わたしって「グズ最終形歴30年」( ̄□ ̄;)!!

やべーよなぁ…

この雑誌「プレジデント」に出てくる横田尚哉さんという方。
公共事業のコスト削減などにすーごい手腕を発揮する
「改善士」というお仕事をされております。

わたしが何でそんな人を知ったか??ちゅうと、
心の友Mさんとの「ママ友会話」から…←くわしくはややこしくなるけん省略


ママ友ネットワークっちな、ほんわかイメージを抱きがちやけど、
突っ込んでみると結構すごい情報を網羅しているのだよ、エヘッ。
↑わたしが威張ってどうする…


んで、昨年「情熱大陸」に出演?されたのもビシッとチェックして
「なるほど~」っち思ったのでした。。。

その横田さんがこの特集で言いよったことで、最も心に引っかかったのは
「マルチタスク」という言葉。
f0209080_14352852.jpg
1コの事柄に集中して、他の仕事をやらないのは「シングルタスク」
一方で、複数の仕事を平行して行う「マルチタスク」は、
一つひとつの仕事の性質を冷静に捉えて、
それぞれの進行の静と動、思考と活動を上手いこと組み合わせることで、
時間を効率的に使う…ちゅうものらしい。
(↑説明がヘタよな…)

  例えばある日の朝、1日分のお湯を沸かし、
  その隣のコンロでご飯炊いてる間に味噌汁の具を切って、
  食卓に皿や箸などを運び、子が起きたら布団乾燥機をかけ、
  沸いた湯をポットに入れるのと入れ替わりに味噌汁の具を煮て、
  ご飯の火を止めてコンロから下ろして弁当づくりの合間にかめポンのエサを取って…。
  そうして動いている間に保育園とか生協の宿題を考えつつ
  トイレ行ったり身支度したり、ツイッターで情報収集しながらお茶飲んで…。
みたいな感じですよ!

そう、そんな感じ…なんですが、


アレ?ひょっとしたらこれっち、いわゆる普通のことやん!?


横田さんのススメ、これは…主婦のみなさんからしてみたら、
すでに結構得意分野なんじゃないでしょうか!?。

しかし…
実はわたし、この当たり前なことを怠って、
「不器用ですから」っち言い訳しながらこれまで主婦やってきたのですよ。
お茶飲むときはお茶ばーっかしのんで…。。←シングルタスクとも言えるかどうか。。。

そうよなぁ。
今さらですが、ここ辺で、
マルチタスクで楽しく主婦、やってみるか!っち思いました。。
まぁ無理せず、がんばってみます…
(洗濯アイロン、トイレ・風呂掃除等、家事の2分の1以上はパパ上が担っている状態やし(^。^;))


「関係ねーぜ」とか思いよったけど、
まぁこだわらんで、時にはビジネス誌を読むのも、良いもんだね(^O^)
[PR]



by takibi-no-kai | 2011-02-08 14:35

願いはそれだけ

わたしが今、何をしているかというと、
コタツに寝転がり、半分白眼むきながら天井を眺めているのです。


眠ーい…


先日から始めたツイッター、わたしが口走っている言葉第1位は、
きっと「眠い」やねんかなと思う。。
(2位は「起きたくない」3位は「遅刻」と推測)

でも、なんか今日は、
「眠い」「ブログ書きたい」が上回ってる!!

ツイッターじゃあ物足りねーんですよ。。。
(うっかりすぐ字数はみ出すし(^。^;))

あっ、えーっと、色々メールやら頂いてる方へのお返事棚上げしてます、すみません…

なんかこの頃、急激にお腹が大きくなってきてしまいました。
はっきり言って、お相撲さんです。。

8ヵ月っち、こんなんやったっけ??


…思えば、わたしが3人の子持ちになるなど、
10年前には全く考えてなかったっス。

その頃も結構な年齢でしたが、
やっぱ何か「最後の悪あがき」みたいな感じで、
ライブ三昧の日々を送り、バイクの免許取ったり、
どっか飛び出そうとたくらんだり。
自分の、平和な到達点から目をそむけちょったんやろーなぁ、って思う…。

佐野元春的には、
「本当のものより綺麗な嘘に夢を見つけてる」
(=大好きな曲、ダウンタウンボーイより抜粋)状態で、
あまりにも好きなCoccoの曲「焼け野ヶ原」で言うと、
「どこまでも行けるような気がしていた」のに、限界が見えて、
動けなくなってしまう前の瞬間を生きているような。
そんな感じでした。
…っち、分かりにくい説明よなぁ(^。^;)

その頃、七夕の短冊に「自由」っち書いてた。
きっと、色々臆病やったんやと思います(^皿^)


…あーわたし、何でそんなこと思い出したんやろーなぁ??
脳内トリップと関係あるのかないのか、胎動がすごい…。

健康で産まれてきてくれよー。
健康に育ってくれよ、子どもら。
今の願いは、それだけ。

その2つに、自分をぜんぶ賭けてしまってよいとさえ思える
アラフォー主婦、なのでした。。
(とはいえ煩悩は108以上あるけどな…)


………………………………………………………………………………

この記事は数日前の夜中に書きました
[PR]



by takibi-no-kai | 2011-02-07 13:36 | かんけいない話

のんびりゆっくりな、親子サークルのブログなのです。。。が…世話人の私事ばっかり書いております
by takibi-no-kai
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

最新の記事

?印の激励ソング
at 2012-06-05 15:40
悩める小さな生命体
at 2012-06-03 00:03
そういえば苦手でした
at 2012-03-31 01:35

ツイッター

最新のトラックバック

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧