たきびのかいの日々色々

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧




母ちゃん業、やり直します…

息子ちょうちゃん、ついに復活v(^-^)v
しかし…
今度は娘・怪獣ちゃんが発熱してしまいました(*_*)

おとといのことです。

就寝中、頻繁に目を覚まし、
「乳くれ」「お茶くれ」「歌って」「足がかゆいけんかいて」と要求三昧。
30分と離れていられない状態のまま、
昨日の朝を迎えてしまったのでした。

夜中1時までは、なんとか笑って対応できたものの、
2時、3時になってくると、

さすがに、親も、キツイ…(@_@)


何ちゅうか、こう、この頃とくに

年なんよね…

そんだけ頻繁に起きて文句言わざるを得ない怪獣ちゃんこそが
一番キツイんだ、とは、
思うんですが…

ああー、頑張れ、オレ…
(↑↑↑なぜか男になっております)


思い起こせばおととしの夏、怪獣ちゃん生後3ヶ月にして心臓を手術。
北九州の病院に入院しておりました。。。

同じベッドに添い寝して、わたしも娘と一緒に半月ほどの病室暮らし…

周囲のお母さんたちみーんな睡眠不足だったし、
風呂だってシャワーだけ、
子どもが一瞬眠った隙にほんの2分か3分くらいでジャーっと済ませて
肩で息してヒーフー言っていたっけ。

水分制限があるため、母乳を直接飲ませることもできず、
泣く子を抱えて病院の長い廊下をウロウロ。
パパ上が見舞いに来たら、すかさずバトンタッチ。
エレベーターで行く売店が、心のオアシス…

そんな毎日でしたが、
いまだに、そんなに大変だったって気がしない…

手術が無事に済んで、
娘の身体が正常な状態に向かっていることがうれしくて、
ただただ命がありがたくて、
術後は、幸せでならなかった入院生活だったのでした。

そうだった…
子どもが元気なら、親は自分がどーだって良かったんだった、極論。

…そういう出来事があったというのに、
わかっているはずだったのに、
ついつい目先の身体のキツさに、目を吊り上げてしまう今のわたし…

バカものーっっ!

まあちょっとコーヒー飲んで、
もう1回、
母ちゃんやり直すことにします。。。
f0209080_15311872.jpg



………………………………………………

と、いうことを3日くらい前に携帯で書いて放置していました(^_^;)

昨日熱は下がり、今日からまたいつも通りの生活。やったぁ!!!
平和だと眠くなるので、やっぱ今日も、コーヒー飲んで気合い入れよっかなぁー
[PR]



by takibi-no-kai | 2010-01-20 15:31 | かんけいない話

老眼が読む「ぐりとぐら」

息子ちょうちゃん、3日前から発熱しています。

んで、おととい。実家の母が心配して、
「ちょっと寄るけん」と様子を見にやってきてくれました。

娘・怪獣ちゃん、ばあちゃんの姿を見て、
ここぞとばかりに
「おんでー!おんでー!(読んで読んで)
と、絵本を手に大騒ぎ。母にまとわりついています。


「ハイハイ、読んじゃんな。
エー、『ぐりとぐら』」
f0209080_10442648.jpg
「ウワッ、ビリビリやん!誰?破ったの?」


わたし
「そりゃ怪獣ちゃんに決まっちょんやん…」

  …そう。そして破られた絵本をセロテープで修復するのって、
  なかなか燃えるのですよ(余談)。。。


「ハイ読みますよー
のねずみのォー…ぐりとぐらは、おおきな…かごをもってー、
もりのォー、おくへー…でかけました」


わたし内心
「プッ!超途切れ途切れやん!」
と、吹き出しそうになりましたが、
母の尊厳を守るため、黙って笑いをこらえたのでした。
f0209080_10442682.jpg

「エー、どんぐりをォー、かごいっぱいひろったらー…
おとうさんをォー、たっぷりいれて、にようね」


(・_・)エッ..?

ちょっと待って。

おとうさんを!?

ぐりとぐらが!?


わたし
「…『たっぷり』って一体…?」

発熱中のちょうちゃん4歳
「おとうさんじゃねえやろ、おさとうやろ」
f0209080_10442641.jpg




「モー!メガネがねえけん字が見えんのや!!」
と、逆ギレ。

そう、確かに母は老眼。ちなみに還暦。小さい文字は読めないのです。

でもなでもな、
次に来る言葉の予測っちゅうのは
働かんのかえ!!


その後、腕を目一杯伸ばして絵本を持ち、遠目で
「エートー、たまごがァ落ちていました…」
と、もはや誰も聞いていない物語を、
懸命に読み続ける母の姿に涙がでました。笑え過ぎて。

…という、お話でしたとさ。
ではでは、今日はこの辺で(^_^)v
[PR]



by takibi-no-kai | 2010-01-13 10:44 | かんけいない話

まさかの年賀状パニック

明けましておめでとうございます!。

…しかし、みなさんのところには、まだわが家の年賀状、

届いていないのでは??

これ、正月2日夜の画像です。。。
f0209080_0393245.jpg
ああー、また今年も…
すごーく遅くなった新年のご挨拶…

あれは大晦日。前日までほとんど準備してなかったくせに、
山積み、真っ白な年賀状を前に、なんだか焦り始めたわたし…

パパ上
「バカやなぁJちゃん(わたしの名前)
年賀状というものはな、元旦に書くものなんで。
元旦っちいつか知っちょん?」


わたし
「三が日…かな?」

パパ上
「元日の朝。『旦』ちゅう字は、日が昇る様子なんで」

わたし
「…なんでそんなこと知っちょんの!?」

…それはどうやら、新聞か何かで仕入れたばかりの豆知識のようでした。
パパ上ちょっと得意気…

そっかぁ。
焦らんでいいわ。

でも、でも…

この恐ろしくのんきなパパ上の口車に乗せられて、
このままぐうたら過ごしていたら、
また1月8日ごろ、みんなのところに年賀状が届くかも。



やっぱ、焦る…

とにかく、宛名だけでも印刷してしまおう!と、
パソコンの中に入ってる年賀状ソフト「筆ぐるめ2005」を開いてみると、

あれ?

住所が…住所が1件も入ってないっっ

そんなバカな!!
バババ、バックアップ、バックアップ!!

…全然、取れてない(●д●)

200件近くあったはずの住所録が、きれいさっぱり消滅…。

そういえば3月。CD録ったりできなくなったこのパソコンを、
修理に出していたのです。
その時、

「一部データが消えたりするかも知れません」

と、お店の人に言われていたのでした。

まままま、まさか、この12月31日に、
そんな思い出が蘇ることになろうとは。
ギャー!!どうしよう!!!

パニック!!!



とりあえず、水を飲んで…
まあ、やるしかないんよなぁ…と、ちょっと決意しました。

そして、子どもらがまとわりつく中、鬼の形相で必死にキーボードをたたいてみるも、
20数件で、挫折…
できた分だけはなんとか投函できそうですが、
あと150枚以上、残っているのです。

しかし、
パパ上の実家で年越しする予定になっていたので、
ここでタイムアップ。
とりあえず、すべて忘れて年の瀬&正月をエンジョイすることにしたのでした。

と、いうわけで2日後にワープ…
残りの作業は、気がつけばパパ上がほとんどやってくれていました(^_^;)

そして年賀状をだいたい投函し終えたのは、3日夕方。

いつ、届くんかなぁ…

来年の年賀状は、早めに頑張るぞー!!!
住所のバックアップ、とるぞー!!!
と、年頭に決意…

あっ、あと、算数もちょっとだけがんばろっかな?
(保育園の関連行事で売り子をした時
100+100+150とかで手間取って情けなかったので。。。)
[PR]



by takibi-no-kai | 2010-01-05 00:39 | かんけいない話

のんびりゆっくりな、親子サークルのブログなのです。。。が…世話人の私事ばっかり書いております
by takibi-no-kai
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

?印の激励ソング
at 2012-06-05 15:40
悩める小さな生命体
at 2012-06-03 00:03
そういえば苦手でした
at 2012-03-31 01:35

ツイッター

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧