たきびのかいの日々色々

カテゴリ:かめポン( 28 )




カメの休暇は謎だらけ

みなさんに「かめポンが帰ってきた」とはお伝えしたものの、
どこにいたのか?どうやって帰ってきたのか?
ということをお話ししていませんでした…(^_^;)

かめポンは、うちから直線距離で150mくらい離れた、
Kさんの家の前で発見されましたのです。
f0209080_3284427.jpg
(↑かなり不正確な地図(^_^;)↑)

9月8日朝9時20分。保育園完全遅刻ラインを越えたその瞬間。


Kさんとこから掛かってきた電話を取ったパパ上、珍しく大きな声で
「…ほんとですか!?ほんとですか!?」


そして家族に向かって

大変や!!かめポンが見つかったっち!!

今から連れてきてくれるっち!!」



しつこいですが9時20分、遅刻レッドゾーンなのに今さら歯を磨いていたわたし

「えええーっっっ!!」


…そして、今思い出しても絶対変なんやけど、
わたし即、保育園に電話し
「行方不明やったカメが見つかったけん遅刻します」
と言いました。

そんな遅刻理由、ないよな(^_^;)

んで、Kさんちの軽トラの荷台、青いタライに乗せてもらって帰ってきたかめポン。
それはまるでオープンカーの凱旋パレードのように見えたのでした。。。

わたし
かっ、かめポーンっっ

1ヶ月…よく無事で…」



Kさんちのお兄さん
「いやー良かったです
今、家ん前の草刈りよって、
『終わったー』と思って、振り返ったら(かめポンが)おって…
結構足が速くて…なんか、リクガメやなぁと思って、
家で聞いたら、Mさん
(←うちの名字)とこや!ちゅうけん…」
「草刈りよったけん…カメを刈らんで良かった!」



ほんとうに、よかった…(T_T)


この1ヶ月、決して口には出さんかったけど、
かめポンどこかで、草と一緒に刈払機で刈られてしまう可能性があるんじゃ…
と、おそれていました。

我が家の位置する農村集落は、周囲が田んぼと畑でいっぱいなこともあるし、
この「オンシーズン」には、道端で、庭で、田畑で、
いつも誰かがどこかで朝夕、ウィーンと草刈りしている状態なのです。

無傷で、良かった…(T_T)


ありがとう…(すべてに)


Kさんとこに後日お礼に伺ったら、
発見者であるお兄さんのご両親、Kさん夫妻がいらっしゃいました。

Kさん
「いやー今こそカメの話をしよったとこじゃ
こんなに家があるにー、うちに(上がる道を選んで)入って来よったんやけん!
縁があるんよなぁ、ちゅうてなぁ。ハハハハ!!」


そうでなぁ、そうでなぁ!
そう言ってくれるおじ様が、天使に見える…(T_T)
家は…あんまりない…です…けど…(^。^;)


1ヶ月、どこを歩いてさまよって、その日Kさんちに上がりこもうとしよったのか、かめポン…
カメは何にも言わんけど、
無愛想にガリガリガリガリしよんだけやけど、
そのバアちゃんみたいな顔が何ともキュートじゃないですか!
f0209080_3284424.jpg
(↑脱走前の顔)

…と、奇跡?も手伝って、なんだかかめポンの魅力が真っ剣っ増してきてしまいました。


パパ上
「かめポンも夏休みやったんやわ!」

ちょうちゃん
「ロシアに行っちょったんやろ?」

…ちょうちゃん5歳、ロシアとか知らんくせにな(^。^;)


まあ色々と詳細書き尽くせませんが、
とにかく帰ってきました\(~o~)/
心配してくださったみなさん、ほんとありがとうございましたm(__)m
(↑しつこい…)


ハッ、脱走対策、考えんと…(●д●)
[PR]



by takibi-no-kai | 2010-09-15 03:28 | かめポン

留守でも元気でおってくれ

かめポン脱走の件…お騒がせしておりますm(__)m
かめポンまだ帰ってきてないし、どこに行ったかもわかりません(●д●)

かめポーン(;_;)

脱走発覚当日は、なごむしさんが遊びにきていました。
なごむしさんとそのお友だちにかめポンを見せようと、
探せど探せど、カメサークル内に見当たらぬかめポン…

そのうちに、内側にへし折られたサークルの竹1本を見つけたのでした。。。
この隙間なら、かめポンは簡単にすり抜けられたはず…
ショックで心にぽっかりと、穴が…

仕事で広島に行っている弟Tスケの留守電に「かめポンが逃げた…」
と吹き込んだあと、力がヘナヘナ~っ、と抜けたようになってしまいました。

すかさず弟Tスケから折り返し電話
「かめポンおらんことなったか」

わたし
「うん」

Tスケ
「…しょうがねえわなぁ、どっからか来て、どっかに行ったんや
アイツはそんな風来坊なヤツなんや」


わたし心の中で
(「いや、Tスケよ、お前が無理矢理うちに連れてきたんやねかったっけ?」)

…わたしの心の声を知らずTスケ
「まだそこ辺におるかもしれんし、出てくるのを待て。
アイツは絶対に死ぬことはねえ」


わたし
「そうでなぁ…どこ行ったかなぁ」

Tスケ
「とりあえず…竹やぶやろうなぁ」

そっかぁ、竹やぶ…
日陰に移動したがるかめポンなので、
今も敷地内の竹やぶにいる可能性は高いかも…

身体の丈夫なかめポンやけん、命はきっと大丈夫。

信じて、また出会えるのを待つか。

心にあいた穴は小さくないですが、
わたしが暗ーくしちょっても子どもらがかわいそうやし、
元気出して、かめポンとの再会を待つことにします(^^)

かめポン不在でブログもちょっとさびしくなりますが、
これからも、どうぞよろしくお願いしまーす(^o^)/
[PR]



by takibi-no-kai | 2010-08-14 22:41 | かめポン

100年続きますように

実家に住む弟Tスケは、かめポンを拾ってきた張本人です。

Tスケ
「ところで、かめポンは元気か?」

わたし
「元気で」

Tスケ
「最近フロには入れたんか?」

わたし
「ウッ…」
f0209080_335012.jpg

(↑この画像10日以上前のもの)

Tスケ
「入れてねーんか!
100年は持つ亀やにーもし命を落としたりしたら…


お前の責任じゃー!!

…んで、バナナはやりよんのか?」

わたし
「やりよらん」

Tスケ
「なに!?」

わたし
「菜っぱがいっぱいあるけん
やりよらん、っちゃ」


Tスケ
「『ハナミズキと好きな亀が100年続きますように』
っち、
あれほど一青窈が言いよんやねーか!!」



…(・◇・)?


カメサークルの中には木を一本植えてあります。
弟Tスケは、その木をハナミズキだと思って、
一青窈の歌う「ハナミズキ」という曲の歌詞に、
なんとかして引っ掛けようとしているのです!!

わたし
「…無理が…ありすぎる…」

Tスケ
「やけんな、『ハナミズキと好きな亀が100年持ちますように』っち、
一青窈がな、あーれーほーどー
言いよんやねーかっちゃ!!!」



油汚れのように、しつこいリピート…


しかもあと100年生きられるかな、かめポン??

そして、カメサークル内の木は、
ハナミズキではなくて「ヤマボウシ」なのだぞ、Tスケ…
f0209080_335013.jpg

(↑ちょうど去年の今ごろの様子です)

Tスケ
「♪薄紅色のーかわいい亀~のね~」

みなさん、こんな弟Tスケですが、
道で会ったら無視してください…

一青窈「ハナミズキ」の歌詞はこちら
[PR]



by takibi-no-kai | 2010-05-27 03:35 | かめポン

人気者です

この頃のかめポン。
f0209080_1541052.jpg
ふと見ると、包囲されていました…(●д●)

ち…近すぎる…
[PR]



by takibi-no-kai | 2010-05-16 01:54 | かめポン

ゆるゆるですががんばります

ふと。

自分を回復したくなって、糸を紡ぎ始める。

そうすると、何か書きたくなってくる…

そうすると、お茶でも飲みたくなってくる。

そしてドライフルーツも、つまみたくなってくる。

ぼーっとしたくなってくる…


何かこう、能率とは無縁の生き方をしているようですが、
やっぱ、しっかり暮らしてないといけないなぁ…と、時々、思うのです。。。

だから…っちゅーか何ちゅーか、
この春から生協の「家計簿クラブ」というのに
入ってみようかなーと思っとります( ̄∀ ̄)

ビシビシ経費節減するぞー!
(ゆるーい気持ちでな…)

そんな話とは関係ないようですが、この頃かめポン、
日中はお外のカメサークルに出てのびのびしています。
f0209080_1602623.jpg
ちょっと寒くなったら、木の水槽(弟Tスケ作)に入って、
家の中で日向ぼっこ。
f0209080_1622172.jpg

f0209080_1622163.jpg
結構アップにも耐えられる面構えです。。。
[PR]



by takibi-no-kai | 2010-04-04 16:00 | かめポン

かめポンのこと、わたしのこと

かめポンは、どこから来たか、わからない。


雄なのか雌なのか、何歳なのか、

以前は誰に飼われていて、
捨てられたのか、逃げ出したのか、

どのくらいの期間、野生ライフを送ったか、
以前はどうやって冬を越していたか、

考えたってわからない。


かめポンが何を考えていて、
これからについてどんなビジョンを持っているかなんて、
よくわからない。


かめポンが、勝ち組か負け組か、

どんな生き残り策を検討して、
どんな価値を生み出していくのか。

そんなことは、わからない。


でも、かめポンは、そこにいる。
ただ、そこにいる。

そんでわたしはここにいる。


かめポンはかめポンから、はみださない。
わたしはわたしから、はみださない。

でも、わたしの意識は、なんかちょっとわたしから、はみ出している。

かめポンの意識は…わからんけど、
かめポンの雰囲気は、かめポンから、はみ出している。

この空間で、わたしの意識と、かめポンの雰囲気がなんとなく混ざる。


わたしとかめポンは、別に際立って意味のある言葉を話さない。

劇的には分かり合えない。

ただ、確かに一緒におる。

その時は、一緒におった。


それでいいやん。


f0209080_0142271.jpg

今日、たき火をしながら、
昨日、昔の仲間とウーロン茶を飲みながら、
なんとなーく、かめポンのことを思いました。
[PR]



by takibi-no-kai | 2010-03-15 00:14 | かめポン

みんながみんな謎だらけ

あれは5月のことでした。

実家の前の道を歩いているところを弟Tスケに見つかり、
そのままうちに連れてこられたかめポン

去年の冬はどう過ごしていたんでしょう?

かめポン、結構でっかいです。
f0209080_10264652.jpg
この大きさ、たぶん10歳以上?

と、いうことは、
一昨年の冬も、その前の冬も、その前の冬も…

どこでどうやって、過ごしていたんでしょう?

かめポン
「…」

パパ上
「そりゃあだれかに飼われちょったんやわ」

そうよなぁ…

パパ上
「密造されてきたかも?」

わたし
「それを言うなら密輸でな??」

どこで生まれたんやろーなぁ、かめポン。
何歳なんやろーなぁ、かめポン。
性別はどうなっちょんの?かめポン!

謎だらけなのに、家族。
出会いっちおもしろいなぁ、と思います。



まあでもさぁ、
わたし自身だって本当のところ、
「どこから来てどこへ行くのか」なんて、
そういえば、よくわからない訳なのです。

なんだか謎だらけだが、どっからかやってきて、
誰かと出会ったり、集ったり、ぶつかったりしている…

誰もがみんな、そんな不思議な存在なんやなぁ、と思うと、
なんだか生きるってことは、腹の底から面白おかしいなぁ…
と感じるのでした。

あー、もう出掛けんと遅刻や!!
じゃあ今日はこの辺で…
[PR]



by takibi-no-kai | 2009-11-19 10:26 | かめポン

ネオンの似合うアイツ

9月末から、夜間は家の中で段ボール暮らしをしていたかめポン。
この頃、そんなことでは凌いでられない寒さが襲ってまいりました。

11月だもんね…

だって、来月もう冬やん!!

時折寒さにフリーズしているかめポンに
「…か、かめポン、かめポンっ!生きちょん??」
と、びびって揺さぶりをかけることもしばしばです。

このまま放し飼いを通せば、きっと穴を掘って冬眠してしまう…
でも、失敗したら
そのまま出てこないかも…

それは怖い!!

それで、冬季の人工飼育に挑むべく、
先日から某ホームワイドで水槽やら保温球やらを物色していました。

けどそこには、120センチ水槽の単品売りがなくて、
カメ飼育には不要な、水中でブクブクするやつとかが付いた熱帯魚用セット

49000円!!!

ショック…

ネットで単品買いしようかな?今日?

とか思っていたら、
「要らんことなった120センチ水槽があるで~」
と神の声が!!!

その神は、実家の父の、たばこのみ友だちNさん。
で、いきなりその水槽を持ってきてくれました。

「120センチがなくて、90センチやったんやけど…」

…もちろん良いですとも!!なんて立派な水槽!!!
なんて親切な神!!!

その後あわてて保温球など買いにいき…

無事セッティング終了v(^-^)v

とりあえず廊下に置きました。
f0209080_0122572.jpg

息子・ちょうちゃん
「かめポーン、ちょうちゃんのところにおいで~」

娘・怪獣ちゃん
「うっおー!ポンポン、ポンポーン」

…興奮して眠りゃしません(`ε´)

それにしても、保温球のネオンの下で、
かめポン動く動く!!
温かくなって身体が軽くなったんやろーなぁ…

いままで寒かったよな、
ごめんよー(T_T)
f0209080_0122549.jpg
水槽を引っ掻きながらうごめくかめポンを眺めていると、
なんだか、カメを飼ってるーって感じがします。

いままでは、「隣のおいちゃん」(←そういえば性別不明)
っていう雰囲気やったけどなぁ…

かめポン、今後ともよろしく!って、
アイサツしときました。

なんか新鮮…
[PR]



by takibi-no-kai | 2009-11-15 00:12 | かめポン

カメの身代わり

ある日のことです。

天気もいいし、かめポンを風呂に入れよう!と準備したタライに…
f0209080_2326953.jpg
ナゼあなたが入っているのですか??

「ああかめポン、よしよし」って感じで声をかけているようですが
f0209080_2326917.jpg
逆よな?

…という恐ろしい出来事がありました(^_^;)

この後息子ちょうちゃんも参戦してタライと水の奪い合い…
ひたすら逃げるかめポン…

そんな毎日を送っております(●д●)

かめポンの庭、夏の間はこんな感じでしたが、
f0209080_2326984.jpg

草を刈ったら、こんなに広々しました
f0209080_2326942.jpg

タンポポの種をまかんとなぁー
[PR]



by takibi-no-kai | 2009-09-01 23:26 | かめポン

うさぎとかめ

はじめまして、チョコちゃんです。
f0209080_3311239.jpg

…いえいえ、うちで飼ってるわけじゃあありません。
ちょっとお預かりしてるだけ。

でも…
うさぎっち、ほんとかわいいなぁ(*^o^*)

わが家の息子ちょうちゃん、どこに出かけていても
「おうち帰りたーいー、チョコが待っちょんけん」
と、言い続け…
怪獣ちゃんと2人で激しくエサをやりたがり…

そりゃまあほんと、すっごい人気者です(^^)

パパ上、チョコを眺めながら
「すげーなぁ、『うさぎとかめ』や!なんかいいことあるかも」

わたし
「…いいことありそうなのは『ツルとカメ』じゃなかったっけ?」

そう。うさぎとかめやったら競争して終わりよな??

…けど、じつを言うとツルに関しても話題がひとつあるのだ、わが家には。
(この話はすごーく長くなるのでまた書くけん)

晴れてたらかめポンの庭で遊ばせてやりたいのになぁ

いいよなぁ、かめポン??
f0209080_3311337.jpg
かめポン
「…」
[PR]



by takibi-no-kai | 2009-07-27 03:31 | かめポン

のんびりゆっくりな、親子サークルのブログなのです。。。が…世話人の私事ばっかり書いております
by takibi-no-kai
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

?印の激励ソング
at 2012-06-05 15:40
悩める小さな生命体
at 2012-06-03 00:03
そういえば苦手でした
at 2012-03-31 01:35

ツイッター

最新のトラックバック

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧