たきびのかいの日々色々

悩める小さな生命体

この頃ずっと考えていること。
意見が違う相手って、実は自分の宝なんだろうと思う。

いつだったか、ずいぶん前。
免疫学者の多田富雄さんと言う方が亡くなって、
そのことを報じるNHKのニュースをたまたま見た。
多田さんは脳梗塞で倒れ、長い闘病の末に発語を失った。
晩年に紡ぎ出された言葉は、文字ボードのようなものをパソコンを​使って指さす、
音声システムを使って伝えられた。

「長い闇の中に希望が見えます。そこには寛容の世界が広がってい​ます。予言です」

寛容の世界…


普通、免疫のシステムは、体外から侵入してきた異物を徹底的に攻​撃してやっつけてしまおうとする。
だけど、例えば肝臓の場合。
激しく異物を攻撃すると、肝臓自体の細胞がやられてしまうことが​ある。
だから、その異物をいったん自分に取り込んで、共存する道を選ぶ​のだという。

それが免疫学でいう「寛容」なのだと…

思えば、
みんなが同じように人間であることには違いないけれど、
一人ひとりは、全然違う。
意見も考え方も人間性も、全一致なんてありえない。
ちっぽけな存在だということを前提にして、
みんなが違っている。

それでいい。

それなのに、私たちはいつからか、
自分と違う存在や、意見を敵とみなし、
相手を消してしまおうと躍起になっている。

違っているのは意見だけ。
本当のことは、
おたがい、小さなちいさな可愛らしい生命体で、
自分自身を生きるしかない、ってことだけじゃないのか。

ときには闘わなければならないこともある。
でも、戦っていたくはない。

あっ、久しぶりに真面目に語ってしまった(^_^;)


そういうわけで、
どうやって原発をなくしていけばいいのか、ってこと
ずーっと考えています。


※この文章はフェイスブックに投稿したものと同一です(*^_^*)
[PR]



by takibi-no-kai | 2012-06-03 00:03 | かんけいない話

のんびりゆっくりな、親子サークルのブログなのです。。。が…世話人の私事ばっかり書いております
by takibi-no-kai
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

?印の激励ソング
at 2012-06-05 15:40
悩める小さな生命体
at 2012-06-03 00:03
そういえば苦手でした
at 2012-03-31 01:35

ツイッター

最新のトラックバック

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧