たきびのかいの日々色々

?印の激励ソング

今日の早朝。
次女まる子が泣きながら起きてきて、ウエーっと吐いたのです。
熱もあるし…。。
お昼には大事な予定が入っていたけど、泣く泣く諦めました。

で、がっくりしているわたしに
長女・怪獣ちゃん4歳が歌を歌ってくれた​のですが…

その歌は、かの有名な「かえるの歌」だったはず…なのですが

060.gifおーまーえーのーうーたーがー
きーこーえーてーくーるーよ~


……


お前の歌!?


…しかも、怪獣ちゃんったら、
ジャイアン並の歌い手なんです(^◇^;)

すさまじかった…
[PR]



# by takibi-no-kai | 2012-06-05 15:40 | かんけいない話

悩める小さな生命体

この頃ずっと考えていること。
意見が違う相手って、実は自分の宝なんだろうと思う。

いつだったか、ずいぶん前。
免疫学者の多田富雄さんと言う方が亡くなって、
そのことを報じるNHKのニュースをたまたま見た。
多田さんは脳梗塞で倒れ、長い闘病の末に発語を失った。
晩年に紡ぎ出された言葉は、文字ボードのようなものをパソコンを​使って指さす、
音声システムを使って伝えられた。

「長い闇の中に希望が見えます。そこには寛容の世界が広がってい​ます。予言です」

寛容の世界…


普通、免疫のシステムは、体外から侵入してきた異物を徹底的に攻​撃してやっつけてしまおうとする。
だけど、例えば肝臓の場合。
激しく異物を攻撃すると、肝臓自体の細胞がやられてしまうことが​ある。
だから、その異物をいったん自分に取り込んで、共存する道を選ぶ​のだという。

それが免疫学でいう「寛容」なのだと…

思えば、
みんなが同じように人間であることには違いないけれど、
一人ひとりは、全然違う。
意見も考え方も人間性も、全一致なんてありえない。
ちっぽけな存在だということを前提にして、
みんなが違っている。

それでいい。

それなのに、私たちはいつからか、
自分と違う存在や、意見を敵とみなし、
相手を消してしまおうと躍起になっている。

違っているのは意見だけ。
本当のことは、
おたがい、小さなちいさな可愛らしい生命体で、
自分自身を生きるしかない、ってことだけじゃないのか。

ときには闘わなければならないこともある。
でも、戦っていたくはない。

あっ、久しぶりに真面目に語ってしまった(^_^;)


そういうわけで、
どうやって原発をなくしていけばいいのか、ってこと
ずーっと考えています。


※この文章はフェイスブックに投稿したものと同一です(*^_^*)
[PR]



# by takibi-no-kai | 2012-06-03 00:03 | かんけいない話

そういえば苦手でした

春ですねぇ~

いろんな花がいっぱい咲いています。。

寒いときには、明るい春が待ち遠しいような気持ちになってみたりするんやけど、
そういえば、
わたしって、春が苦手なんですよ!


昔の春は、進級・進学の時期…
数学理科が全くペケやった高校生のわたしの3月は、
ほとんどいつもお先真っ暗でした。。
浪人が決まって、予備校の入校案内をもらうため
長い階段を這うようにして、
ひとり登っていった18の春。
わたしには、足元の階段しか視覚の記憶がありません。
いかに下を向いていたかっちゅうことですよ?!

大学に入ってからも、毎年本当に進級して卒業できるんかビクビクの春。
いまだに「たたた単位が足りん!!」と青くなっている夢を見ます。
ああー卒業できんかもしれん…と思いながら、
学部の、降りていくエレベーターに乗っていた22歳のわたし…
ドタバタと卒業が決まってからは、毎日まいにち、
親しい友だちやお世話になった人にさようならを言いました。
別れの春…。


会社に入ってからは「いつ異動を言い渡されるか」と、恐れながら、期待したりもしながら、
毎年ハラハラしていました。
何度こんな春を繰り返すんやろーなぁ…と、焦っていたっけ。
桜が咲くのがイヤやったなぁ…

会社を辞めて進もうとした道の扉は、固く閉じていて
毎年のように、違う場所での3月がやってきた。
ああもう、わたし限界なんかなぁ…と自分にいつも尋ねてた、30代前半の春…

しかも19歳からずっと花粉症!!


ろくなことねーやん、わたしの春(^◇^;)


とは思ったんですが…
なんかね、4月になると色んな不安や心配がウソだったみたいに
いい風が吹いてくるんですよ、だいたい。
新しい出会いやら何やらを含んだ、清々しくも暖かい風が。


なんなんですかねぇ…
季節のせい、なんですかねぇ、この、
3月の憂うつは!?


写真は城址公園の桜です。
右往左往するわたしの気持ちとは関係なく、
桜は桜で、自分の花を咲かせているんだよねぇ。。。
f0209080_2573536.jpg

[PR]



# by takibi-no-kai | 2012-03-31 01:35 | かんけいない話

オレオレにオロオロ

実家に帰ってこたつに入っていたら、
母の携帯の着信音とともに
弟Tスケと母の会話が聞こえてきました。

Tスケが母ちゃんに
「知らん電話番号やったら出るなよ!!」

母ちゃん
「きのうもな、『どなたですか』っち聞いたに答えんのよ~」

心配顔でオロオロの母、結局電話には出ず、履歴をみてみると、
一件の留守電と二件の不在着信が。。
恐る恐る、わたしが留守電を聞いてみました。


留守電、男の声で
「あーもしもし、電話してくだっさーい、
ガチャン」



こここ、これは…

わたし
「おおっ!!これは、オレオレやろ!!」

Tスケ
「やっぱなー!?」


「ど、どうしよっか?」

わたし
「着信拒否や!着信拒否!」

超超アナログな猿人Tスケ
「母ちゃん、ね、姉ちゃん(←わたし)に、やってもらえ!」

わたし
「これはヤベーで!!Tスケに似せたオレオレや!!
『あーもしもし、電話してくだっさーい、ガチャン』とか言ってからさぁ〜!!」


Tスケ
「アレ??
その留守電いつっち言いよった?
昨日?

それ…ホントにオレやんか…」




本物のお前かよ!!(^◇^;)


それから「そんなら今の電話は誰?」ちゅうことになり、
履歴をよーく見ると、097で始まるフツーの電話番号。
再び恐る恐るわたしが電話してみたら、
相手は母のかかりつけの病院でした。。

きのうの「どなたですか」と聞いたのに答えん「不審電話」は、
単なる電波の不具合だったんではと推測…

何ちゅうかさ、
ビビったわ~、ホッ。。。


写真は猿人TスケにもらったiPhoneのカバーですっ。
来月、竹町商店街とかで展覧会するらしいけん4649っす!
f0209080_3444577.jpg

[PR]



# by takibi-no-kai | 2012-02-25 02:37 | かんけいない話

内容ないです(テスト)

てすとでございます
f0209080_19401839.jpg


More
[PR]



# by takibi-no-kai | 2012-02-01 19:31 | かんけいない話

のんびりゆっくりな、親子サークルのブログなのです。。。が…世話人の私事ばっかり書いております
by takibi-no-kai
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

?印の激励ソング
at 2012-06-05 15:40
悩める小さな生命体
at 2012-06-03 00:03
そういえば苦手でした
at 2012-03-31 01:35

ツイッター

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧